うつの症状を理解することが大切|心が元気になる治療法と取り組み

なりやすい職業

女の人

世の中には沢山の職業がありますが、介護もその一つになります。近年は、介護職のスタッフ不足が問題になっており、一人に対する負担が多くのしかかります。その影響で身体の疲れもピークに達するでしょう。主な仕事内容は入浴介助と食事のお世話、体の世話等がありますが一見単純そうに見えてとても大変な重労働です。そのため、長くは続かず離職率が高い職業としても知られています。そんな介護職は、うつを発症するきっかけを沢山持っておりこれらには仕事の過酷さに見合わない賃金の低さと社会的な評価がそこまで高くないことが関係しています。気持ちの面でも満たされることが非常に少ないため、心に闇を抱えるスタッフが多くなりやすいでしょう。同じ系統だとケアマネジャーや保育士にもうつ症状が見られ、現職の人も自分は大丈夫と油断できない状況です。

きつさでいえば飲食店も同じことがいえ、長時間縛られることもしばしばです。いわゆるブラック企業は、法律で定められている労働時間を大幅に超えることが普通で、疲れとストレスで一杯になる人も少なくありません。最終的には、生活のために働き続けますが、この地獄が一生続くのかと絶望的になり思い切って辞めるという選択よりも死に向かう傾向が強くなります。そうなる前に周りが変化に気づき病院を受診させたり、十分な休息を取らせるために業界側が配慮したりすることが必要になるでしょう。さらに客からのクレームや、キッチンスタッフと客の板挟みに遭う確率も高く、職業の中で最もストレスを感じます。近年は、生活や社会で困った人を助けるソーシャルワーカーも社会貢献ができる職業として根付いています。福祉の現場を目の当たりにする仕事でもあるため、知りたくないことも受け止めなければいけません。また、一人ひとりに温かい接し方を心がける必要があるため、人の何倍も気を遣うことになるでしょう。さらにいつ助けを必要とされるか気が休まらないため、うつ症状によくみられる不眠症になるケースもあります。特にこうした現場では責任感が強い人程頑張りすぎる傾向があるため、朝から深夜まで全身全霊で働くような人は最もうつになりやすい人と断定することができます。他にも医療関係者や芸術家、学校の先生等もうつを発症する環境に置かれているため、十分な休息をとったりストレス発散を上手に発散したりなど定期的に行なう必要があります。