うつの症状を理解することが大切|心が元気になる治療法と取り組み

改善へ向かわせる

医者

うつを診断するためには、医療機関を受診して詳しい検査をしなければいけません。主な検査方法は医師による問診から始まります。内容は、体調の変化と生活習慣を中心に聞き取りを開始します。ここではうつかどうかを判断するきっかけになるため、時間をかけて行なうケースもあります。またこの問診では、家族との面会も必要で育った環境と病歴、症状が出る前の性格と出た後の性格などを質問します。これらの情報を医師が総合的に見て慎重に診断を行なっていきます。問診で得た情報をもとに今度はDSM-Ⅴを使って詳しく掘り下げていきます。この検査は、専用の機械を使って前頭葉と側頭葉といった部分の血流を見ますが、健康な状態とうつを発症している時の流れが全く違うため、すぐにうつと診断することができます。しかしこれだけで診断をするのは正確性に欠けてしまうので悪魔で補助として考えるのが適切です。光を使った検査では、赤外線で脳の血流を測っていきます。この検査でも血流の量を判断する時に使われるものでより正確な診断ができます。

うつの一般的な治療は個人に合わせたものを提案するのが普通です。重度であれば薬物療法を組み合わせて経過観察をしますし、精神療法を加える必要があると医師が判断すればカウンセラーを交えて治療を進めていきます。なお、薬物療法は精神を安定させるための画期的な治療法で、薬の効き目は遅いものの焦らず待っていればうつ症状を綺麗になくすことができます。脳の部位に微弱な磁気を与えるやり方は、脳細胞を活性化させられるので神経伝達のバランスを整えることが簡単にできるでしょう。薬物療法を使用しない新しいやり方として注目を集めており、より高い効果が期待できます。